ポンピドゥー・センター傑作展

ポンピドゥー・センター傑作展

―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―

へ、行ってきました。

長いタイトル・・・

パリのポンピドゥー・センターには、

初めてパリに行った時(20代前半)に立ち寄り、

斬新で近代的な建物にビックリしました。

と同時に、なんだか未来への憧れのようなものを感じたのを

覚えています。

正式名称は Centre national d'art et de culture Georges-Pompidou

日本語では、ジョルジュ・ポンピドゥー国立美術文化センター

だそうです。

2年前、息子と一緒にパリへ行った時にも、

連れて行ってあげたいと思ったのですが、叶いませんでした。

ですから、今回の東京都美術館での開催を

とても楽しみにしていました。

ピカソ、マティス、デュシャン、シャガール・・・etc

絵画のみならず、彫刻や写真、映像まで

とても興味深く見学しました。

ロマン派絵画とも違い、鮮やかな色合いや、

幾何学的なアートが、とても面白かったです。