お年賀状

今年もたくさんのお年賀状をありがとうございました。

私は、一枚一枚、

皆さんのお顔を思い出しながら書く年賀状という

日本ならではの風習が大好きです。

普段、お世話になっている方はもちろん、

お会いしたくてもなかなかお会い出来ずにいる方や、

コンサートのご案内だけになってしまっている方など、

新年のご挨拶は欠かせません。

元旦に届くから嬉しいわけですから、

せめて3日までに届くように投函するのが

気遣いだと思っています。

でも、今は、個人情報の関係で、

住所を知らない方もたくさんいますし、

SNSで気軽にご挨拶ができますし、

年賀状を書くということが減っている人も多くいると思います。

それはそれで、時代の流れで仕方ないですね~。

クリスマスが終わらないと、年賀状を書く気分にはなれませんし、

暮れの忙しい中、けっこう大変ですが、

元気なうちは頑張りたいな~と思っています。

以前、「来年から年賀状は書きません」と宣言した友人がいます。

それはそれで、親切だな~と思っています。

三が日を過ぎても、忙しいから書けないなどの言い訳をするぐらいなら、

辞めればいいのに~と思ってしまいます。

もう一つ気を使う事として、

写真を使うのか、文字だけにするのか・・・etc

親戚や長い付き合いの友人の場合、

家族写真や子供だけの写真も、嬉しいものです。

たまに、そんなに深い知り合いではない方から

子供の写真だけで、なんのメッセージもないお年賀状がありますが、

正直、意味がわかりません。

メッセージを添えて欲しいです。

出す相手によって、デザインを変えられるのが一番良いと思いますが、

そういうわけにもいかないし・・・

難しいですね。

結局は、その人その人の常識とセンスなのだな~と思います。